2007年8月28日 (火)

なんと甘いぶどう

すっかりご無沙汰しました。夏休みしてました。でも、ちょっとした収穫もあったんですよ。お知りになりたい? はい、それでは。

実は、信州は小諸の「寅さん会館」に行ってきました。藤村の詩で有名な小諸城址のすぐ近くです。柴又にあるのは知ってましたが、小諸にもあるんです。でも参ったのは映画監督「山田洋二さん」のブースがあったことです。考えてみればごく自然なんですけどね。山田監督は、お父さんの郷が柳川なので、かねてから、柳川の町おこしに『山田洋二さん」はいかがなもんかと、密かに考えたりしてたことがありましてね。残念ですが先輩がいらっしゃいました。それからついでですが、小諸の町、風林火山ののぼりが一杯でした。

また、今回も余談が長くなりました。本題に入ります。

いやー暑い日が続きますね。こんな時は、季節の美味しいものを食べるのが一番。

そこで、今回は「柳川のぶどう」を紹介しましょう。「柳川のぶどう」なんて聞いたことがない? ごもっとも。以外に知られてないんです。隣接する久留米市の「田主丸のぶどう」は有名ですけどね。

2006_08270116 写真のぶどうが、かの柳川のぶどうです。船頭仲間の成清さんちで採れたぶどうです。成清さんちのぶどう畑は、有明海の近くに、一面広がる干拓地の中にあります。柳川の干拓は、古くは江戸の初め慶長年間に遡りますが、成清さんのところは、明治、昭和といった時代の干拓地です。

干拓地のせいか、それとも有明海から吹いてくる潮風のせいか定かではありませんが、この地でとれるぶどうは、とにかく甘くて美味しいんです。「今朝もいできたばっかりだよ」と、朝顔を合わせると、成清さんがぶどうをたんとくれます。船頭小屋の冷蔵庫で冷やしておいて、夕方自分ちに持って帰って食べるんですが、とにかく無くなるまで食べ続けます。「うまーい。あまーい。」

生産農家が100戸あまりと量が少ないので、市場には余り出回ってませんが、その甘さと美味しさは一度知ったら忘れられない。それが『柳川のぶどう」です。

| | コメント (2)

2007年5月15日 (火)

加藤さんちの団子

皆さんの中にも心当たりのある方がおられると思いますが、ある時から急に「食」に興味を覚えるってことがありますよね。

私も、博多に居た時でしょうか、50を少し過ぎた頃、急に「食」に目覚めて、「そば」の食べ歩きを始めました。そして、そばと並行して、辛党だった私が甘いものに惹かれるようになり、最初は「洋」のケーキ、そして、いつしか「和」の饅頭や団子等にはまってました。

横浜に戻ってからは病がますます高じて、都内の「江戸前の蕎麦屋」さんをあっちこっち訪ねてまわる、甘い方も、人に聞いたり雑誌で見つけたら、時間を見つけて食べにいく、買いに行く。揚句、いっぱしの食通気取りで、あそこがどう、ここが美味しい等能書きを垂れる。まあー何とも恥ずかしい次第ですが、とは言うものの、日暮里の「羽二重だんご」、銀座あけぼのの「もちどら」は、私が最も好きな東京の「和」です。

そんな私ですから、柳川でも、船頭稼業の傍ら、私の気にいる甘いものを探しています。今日、紹介する「加藤さんちの団子」がそれです。

2006_05110081 甘さ控えめで柔らかく、とにかく一口食べてその美味しさと食感の素晴らしさに感激しました。

この団子が作られ始めたのは、加藤さん達の前の代からで、戦後しばらくしてからだろうとのこと。加藤さんの代になって既に30年は経つという年代もんです。

加藤さんちは、沖の端の「北原白秋生家」の近くで、一つ北側の通りにあります。白秋生家を訪ねた後、ぶらり寄ってみるというのは如何ですか?

もっとも、「加藤さんちの団子」、地元でも知る人ぞ知る逸品なので、お昼も早い時間に本日終了の看板が出ますので、前もっての確認を勧めます。また、季節限定で、春は2月の柳川名物「さげもんめぐり」の頃から6月いっぱい迄、秋は10月一ヶ月となってますので注意して下さい。

柳川は、甘党にとってはお店が限られていて、ちょっくら寂しいものがありますが、これから新しい柳川の街づくりの中で、少しづつ増えていくと思いますので、今後を楽しみにして下さい。

追伸;加藤さんちの電話 0944-72-2954 (全国配送もやってますよ)

| | コメント (1)

2007年4月 2日 (月)

新酒 立花宗茂

今 柳川は新春の香りが満載です。

桃、桜、れんぎょうといった春を彩る花々に、柳川を文字通り象徴する「柳」の青い芽がふきはじめ、棹押す「寅ちゃん」の心も思わず弾んでこようというもんです。

そして、春と言えば忘れてならないものに、香りは香りでものどにぐっとくる、そう「新酒」がありますよね。この筑後地区は全国でも名高い酒どころ。春3月ともなれば、各地で新酒を披露する酒蔵開きが行われます。

そんな中、柳川の老舗「目野酒造」では、柳川立花藩の初代藩主の名を冠したどぶろく「立花宗茂」を新しく出しました。

2006_02120036 創った人は、目野家の次男坊、目野信太郎さん(36歳)。お兄さん(何故か忠次郎さんといいます)が営業担当で、信太郎さんが杜氏。

そしてこのどぶろく、何と400年前宗茂公が飲まれていた時のものとそっくり同じレシピで創られたもんなんです。

以外にあっさりした味わいでした。でも美味しかったですよ。400年前にタイムスリップし、宗茂公になった気分で頂くってのも、結構乙なもんでした。

「立花宗茂」を創った信太郎さん、なかなかの男前で、その昔はレーサーとして鳴らしたそうですが、今はその時の情熱を酒造り一筋に注いでいます。日本酒は勿論ですが、柳川特産の「ひまわり」を使った焼酎を創る等、これからも、若い感性で、筑後を代表するお酒を世に出していくことでしょう。

新酒「立花宗茂」と目野信太郎さんの今後に注目下さい。

 

| | コメント (1)