« 2007年7月 | トップページ | 2009年11月 »

2007年8月28日 (火)

なんと甘いぶどう

すっかりご無沙汰しました。夏休みしてました。でも、ちょっとした収穫もあったんですよ。お知りになりたい? はい、それでは。

実は、信州は小諸の「寅さん会館」に行ってきました。藤村の詩で有名な小諸城址のすぐ近くです。柴又にあるのは知ってましたが、小諸にもあるんです。でも参ったのは映画監督「山田洋二さん」のブースがあったことです。考えてみればごく自然なんですけどね。山田監督は、お父さんの郷が柳川なので、かねてから、柳川の町おこしに『山田洋二さん」はいかがなもんかと、密かに考えたりしてたことがありましてね。残念ですが先輩がいらっしゃいました。それからついでですが、小諸の町、風林火山ののぼりが一杯でした。

また、今回も余談が長くなりました。本題に入ります。

いやー暑い日が続きますね。こんな時は、季節の美味しいものを食べるのが一番。

そこで、今回は「柳川のぶどう」を紹介しましょう。「柳川のぶどう」なんて聞いたことがない? ごもっとも。以外に知られてないんです。隣接する久留米市の「田主丸のぶどう」は有名ですけどね。

2006_08270116 写真のぶどうが、かの柳川のぶどうです。船頭仲間の成清さんちで採れたぶどうです。成清さんちのぶどう畑は、有明海の近くに、一面広がる干拓地の中にあります。柳川の干拓は、古くは江戸の初め慶長年間に遡りますが、成清さんのところは、明治、昭和といった時代の干拓地です。

干拓地のせいか、それとも有明海から吹いてくる潮風のせいか定かではありませんが、この地でとれるぶどうは、とにかく甘くて美味しいんです。「今朝もいできたばっかりだよ」と、朝顔を合わせると、成清さんがぶどうをたんとくれます。船頭小屋の冷蔵庫で冷やしておいて、夕方自分ちに持って帰って食べるんですが、とにかく無くなるまで食べ続けます。「うまーい。あまーい。」

生産農家が100戸あまりと量が少ないので、市場には余り出回ってませんが、その甘さと美味しさは一度知ったら忘れられない。それが『柳川のぶどう」です。

| | コメント (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2009年11月 »