« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月 4日 (水)

浦川さんとこのお弁当

2006_06300106 今回は、私がいつも楽しみにしている「浦川さんとこの弁当」の話をします。

浦川さんのお店は、川下りの終点、沖の端の水天宮さんの前にあります。白秋先生が通った矢留小学校や沖の端の漁港等も近くにあって、白秋先生の時代の趣をもっとも濃く残している一帯です。

浦川さんの店は、そもそもおかずの店で、お昼時、夕食時ともなると、近くの人達で賑わいます。私は、このお店で「お昼の弁当」を特に作ってもらいます。

実は、船頭さん達が苦労工夫しているのに、「お昼の弁当」があるんですね。私の会社の船頭さんは、皆さん「愛妻弁当」、「愛情弁当」(独身の船頭さん)を持参してます。これには、訳がありまして、いつでもどこでも昼食をとる為なんです。昼食をとる時間は、概ね川下りのお客様が多くなる11時前ですが、それより前にお客様が見えると、当番に当たった船頭さんは、弁当携行で船にのります。そして、一仕事終えた後、適当な場所を見つけて昼食をとります。何しろ船頭稼業は体力勝負ですから昼食は欠かせません。「愛妻弁当」・「愛情弁当」は、生活の知恵でもある訳です。

弁当を作る能力の無い私は、お客様を乗せて下った後、浦川さんとこで弁当を作って貰っています。他の船頭さんに負けない位、浦川さんご夫婦の愛情が一杯に詰まった弁当です。

2006_05110086 浦川さんご夫婦は、揃って働き者で、ぬくもりをたっぷり持ったお二人です。弁当が出来上がるまでの短い時間に、お二人と色んな話をしますが、会話をしているうちに、昼からの力が漲ってくる、そんな私の元気の素でもあります。

ところで、柳川では、沖の端の漁師のことを「六騎」(ろっきゅう)と呼んでいますが、これは、壇ノ浦の後、沖の端に逃げ落ちてきて、漁師となった平家の騎馬武者六人を指して呼ばれているものです。

実は、浦川さん、この六騎の一人、「浦川天ヶ左衛門」の末裔なんだそうです。そう言えば、どことなく「品」がありますでしょう?

| | コメント (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »