トップページ | 艪3日棹3年 »

2006年12月28日 (木)

私が船頭になったわけ

先日、新聞記者さんの取材を受けました。およそ1時間半、記者さんと二人、私が棹さす舟の中でです。

記者さんの最初の質問は「どうして横浜からわざわざ柳川へ」、続いて「それもどうして船頭を」でした。この質問が記者さんから最初にでてきたのには、勿論理由がありまして、ここに至る経過を説明するとお分かり頂けるでしょう。

10月の初めでしたか、現在作成中のホームページに関連して、柳川市役所を訪ねました。
その時に、柳川の誇る国民詩人「北原白秋」に話が及び、「白秋」という名はどういうことでついたのかと実にマニアックな質問を私がしてしまったのですが、さすが観光課の方たちです。
「この本にそのいきさつが書いてありますよ」と小冊子を見せてくれました。「柳川文学散歩案内」という10年ほど前に発行された冊子でした。

「白秋」という名がどうしてついたかは、ここでは触れませんが、その後私は早速発行人の原 達郎さんに電話をしてその冊子を入手しましたが、その時この原さんから「会社をリタイヤーした後、わざわざ横浜から柳川に来て、しかも船頭になりたいなんてこと、どうして考えたのですか?」と質問されたのです。

「昔一度柳川の川下りをして、その時、会社を辞めたらこの船頭をやろうと決めたんです。まさか本当にやるとは自分でも驚いてるんですがね。回りは変わってると変人扱いしてます」と答えました。

昨年の5月から月一度1週間程度休みをとって柳川へ通ってたこと、9月から久留米に住まいを定めて毎日柳川へ西鉄電車に乗って船頭の修行に通ってることもです。この話が実は冒頭の新聞記者さんの耳に入り、取材とあいなった訳です。

ということで明らかな様に、まだ半人前の船頭で、柳川そして周辺のことについても未知で、見るもの聞くことすべてがゼロからのスタートですが、私の感じたままを「船頭の奮闘記」ということで、これから皆さんにお伝えしていこうと思います。

|

トップページ | 艪3日棹3年 »

コメント

あけましておめでとうございます。
HP拝見いたしました。
来週土曜日がますます楽しみになりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

  ドリームスエフエム 岩坂

投稿: 岩坂浩子 | 2007年1月 6日 (土) 10時58分

元気で船頭さんをしている姿が目に浮かびます。
昨年船頭さんになるとお聞きした時には冗談かと思いました。
夢が叶いましたね。
HPにも感動し、「船頭の奮闘記」を読むのが楽しみになりました。
いつの日か柳川下りを体験しに行きたいと思います。
寅さん頑張って下さい!!

投稿: なすび | 2007年1月18日 (木) 00時26分

はじめまして。
こんにちは。

先日、友人から、、、
「以前、お世話になった上司から
 柳川の船頭さんになられたと年賀状が来たの。」
という話を聞きました。
素敵なお話に興味を覚えた私たちは、
早速、春に柳川川下りツアーをという話に、、、
帰宅後、ネットで検索していたら、
この寅さんのブログを発見!
友人に確認したところ話題のご本人とのこと、、、
驚きました!!!

友人は、寅さんが福岡にいらっしゃったときに
お世話になられた、熊本在住のHさんです。
春には一緒に寅さんが船頭をなさる船にのることを
楽しみにしています♪

「船頭の奮闘記」も楽しみです。

投稿: バニラ | 2007年1月22日 (月) 18時00分

8/15日の終戦記念日、暑い中でしたが母と二人で寅さんこと、大島船頭さんの舟に乗ることができ、楽しい時間を過ごすことができました。城下の外堀に美しく響いた寅さんの歌声はまさに天下逸品!(褒めすぎでしょうか?)というほど聞き惚れてしまいました。また今まで知らなかった柳川の歴史も知ることができ大変勉強になりました。母も大満足だった川下り、また是非行きたいと思います。

投稿: ボントン.Jr | 2007年8月15日 (水) 19時28分

富士通社友会報に大島さんを載せたらと提案しましたたら、08/3月号に掲載される旨連絡がありました。ユニーク過ぎますから。
私もユニークな生き方と自認して、07/9月号に市議当選を載せていただきました。
筑紫野市道永哲郎

投稿: 道永哲郎 | 2007年12月 3日 (月) 18時10分

今週水曜日修学旅行で
柳川を下りに行きます(*^^)v

楽しみにしてます★

ちなみにうちの部活のキーパーは
柳っていうんですけど、
柳川っていうと
やな(柳)しかでてきません(笑)

投稿: agentp | 2012年5月21日 (月) 11時30分

今度柳川に行くので
ぜひ会いたいです


投稿: pe-ta | 2012年5月21日 (月) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トップページ | 艪3日棹3年 »